オウンゴール裁判第1審判決解説(続):東村山の洋品店に対する攻撃を「根拠が不十分なままされたもの」と断じられてしまった矢野穂積・朝木直子両「市議」


東村山市民新聞では断続的に「最終更新日」の修正が続けられているだけです(7月29日付、2011/07/28 14:58:31)。


さて、遅くなりましたが、7月2日付〈請願潰し裁判に続き、ブログのコメントをめぐり佐藤市議を訴えた裁判でもオウンゴールを決めた矢野穂積・朝木直子両「市議」〉の続きを書いておきます。


6月29日に言い渡された佐藤まさたか市議ブログ名誉毀損裁判第1審判決は、矢野穂積朝木直子両「市議」には「パーソナリティ障害等であることを疑わせるそれなりの言動及び行動があった」ことなどを理由に、ブログに投稿されたコメントをめぐる佐藤まさたか市議の責任を否定して矢野「市議」らの請求を却下しました。その根拠は、大きく分けて次の2つです。
(1)矢野「市議」らが、同僚市議やその支持者等を口汚く執拗に批判してきたこと
(2)矢野「市議」らが、洋品店店主への攻撃や少年冤罪事件をはじめ「不当な訴訟上の請求」を行なってきた例があること


このうち(1)については前回の記事で検討しましたので、今日は(2)について見ておきます。矢野・朝木両「市議」が100件以上の訴訟に関与してきたことはよく知られていますが、第1審判決では、矢野「市議」らに「パーソナリティ障害等であることを疑わせるそれなりの言動及び行動があった」と言えるかどうかを判断するため、そのいくつかに言及しています(以下、太字は引用者=3羽の雀)。

ウ(ア)原告らが当事者となった訴訟事件で、同被告の主張エ(ウ)a〜dの判決(手を結ぶ市民のニュース事件第一審判決、超党派でつくる新聞事件第一審判決、I事件第一審判決、T事件控訴審判決)がされ、それらの判決は確定したことは、当事者間に争いがない。
 (イ)これらの判決の中で、手を結ぶ市民のニュース事件第一審判決は、「原告矢野は物事を自分本位に解釈する、また、自分の憶測を理屈づけるとの論評及び本訴記事4の一人の異常と思える人間との論評の前提となる事実は相応の根拠があるということができる。」「原告矢野は訴訟を計画し、これをもって時には脅し、執拗なまでに実行するとの論評の前提となる事実は相応の根拠がある」「そして、パラノイアに関する論評は、上記各論評を前提にしたものであることからすると、表現自体はやや穏当さを欠くものであるが、当該論評の前提たる事実もまた相応の根拠があると認められる。」と判示した。


このうち「手を結ぶ市民のニュース事件」というのは、別名「パラノイア」裁判とも呼ばれている裁判です。草の根グループの議席の私物化を許さない会 『手を結ぶ市民のニュース』 (平成9〔1997〕年9月1日付号外)に掲載された次のような記述をめぐって矢野「市議」が市民団体を訴えたものですが、今回の判決でも引用されているように市民団体の論評に相当性が認められ、矢野「市議」が敗訴しました。


「矢野氏は物事を自分本位に解釈して、訴訟を計画し、これをもって時には脅し、執拗なまでに実行します。また自分の憶測を理屈づけ、朝木直子さんという媒体を巧みに利用し、多くの市民を味方に惹きつけようとしています。精神分析のリポートによりますと、パラノイア(偏執病・妄想病)の中でも好訴妄想者がこうした傾向を示す場合が多いと云います」

続きを読む

請願潰し裁判に続き、ブログのコメントをめぐり佐藤市議を訴えた裁判でもオウンゴールを決めた矢野穂積・朝木直子両「市議」


東村山市民新聞では、請願潰し裁判の完全敗訴確定にはもちろん触れることなく、「最終更新日」のみの修正が断続的に続けられています*1。昨日(7月1日)は千葉英司・元東村山署副署長から新たに提起された裁判朝木明代市議転落死事件・「鍵束」裁判)の第1回口頭弁論がありましたが、出廷せずに擬制陳述で済ませたのかもしれません。


さて、そんな矢野穂積朝木直子両「市議」がまたオウンゴールを決めてくれました。



両「市議」が、佐藤まさたか市議のブログに投稿されたコメントをめぐってブログ管理者としての佐藤市議を訴えていた裁判の判決が6月29日(水)に東京地裁立川支部で言い渡されたのですが、その中で、
「原告らにはパーソナリティ障害等であることを疑わせるそれなりの言動及び行動があった」
(他の議員等の)批判に当たり使用された文言及び回数については、・・・口汚く(一部は、差別的でさえある。)、激烈であり、執拗であるとの批判が当てはまる」
「公選の公務員としての適格性を有するか否かを判断するに当たっては、不当な訴訟上の請求の存在は、それが多くの訴訟上の請求の全部ではない場合であっても、当然批判の対象となる」
「他者に対する批判につき正当な根拠を有する場合であったとしても、表現方法における口汚さ、過激さ及び執拗さは、公選の公務員としての適格性を判断するに当たって当然考慮されるべき事項であるが、原告らには、表現方法の点で、厳しい批判を受けてもやむをえない点があった」

などと手厳しい指摘を受けたのです(第1審判決抜粋参照)。


矢野・朝木両「市議」は、請願潰し裁判でも、
「原告らは、原告らのサイト上等において、被告薄井及びその支持者らを厳しく批判しており、その表現中には、被告薄井及びその支持者らを誹謗し、揶揄するような表現が多数見られる」第1審判決
という指摘を受けていました(控訴審判決でも同様)。今回の判決ではさらに強い調子でその言動を批判されており、私も裁判所がここまで言うとは予想していなかったのですが、ともあれ両「市議」の公職者としての適格性にはますます疑問符がつくことが司法によって確認されたと理解できます。


それでは第1審判決を簡単に読み解いておきましょう(被告である佐藤市議の報告も参照)。

*1:6月28日付(2011/06/27 16:40:36)、6月29日付(2011/06/29 17:07:28)、7月3日付(2011/07/02 18:35:23)

続きを読む

前代未聞の請願潰し裁判で矢野穂積・朝木直子両「市議」(東村山)の完全敗訴が確定


公職者である矢野穂積朝木直子両「市議」(東村山)が、請願「公人たる市議としての適格性を欠いている」などと批判されただけで、対抗言論の機会をいっさい放棄し、市議会における審議を封殺する意図も込めて一般市民である請願人代表と紹介議員をいきなり訴えた前代未聞の請願潰し裁判終結しました。もちろん矢野・朝木両「市議」の完全敗訴です。矢野「市議」らが昨年10月19日付で行なっていた上告受理申立ての結果(上告不受理)を、被告のひとりであった薄井政美前市議が報告してくれました。



矢野・朝木両「市議」が市議として不適格であることの根拠として請願で挙げられていた一連の行為を、あらためて振り返っておきましょう*1


(1)矢野・朝木両「市議」による職業差別に抗議した250人以上の市民のうち、東村山市内在住と思われる者の名前(一部実名)だけを抜き出し、抗議文の趣旨をねじまげて性風俗=売春」肯定論者などと決めつけたあげく、「東村山市民新聞」サイト上にさらし者のような形で掲載。あげくに、性風俗=売春」肯定論者と思われたくなければ賛同署名を撤回しろなどと要求。
(2)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律風営法)等の規定をまったく無視して「性風俗はすべて違法」と決めつけ、「違法な職業は存在を許されておらず、差別されても当然」「差別されるのがいやならやめればいいだけ」などと、性風俗に従事する人々への差別的発言を連発。さらには、性風俗で働くのは「職業」であると主張すること、あるいはこれを「職業」として認めるよう要求すること自体が「違法な主張」などとして言論の自由を否定
(3)ネット上で矢野・朝木両市議を批判した一般市民に対し、目的を明らかにしないまま「1週間以内にお前の住所と実名を教えろ」などと要求。さらに、脅迫にはとうてい当たらない記事・コメントを「脅迫記事・脅迫投稿」「殺害予告投稿」などと決めつけて削除・謝罪等を請求。
(4)「東村山市民新聞」サイト上に「薄井・佐藤支持『ネット政治集団』リスト」なるものを掲載し、一般市民によるネット上での発言を、出典さえ示さず、文脈もまったく無視する形で抜き出してハンドルネームとともに列挙するとともに、明確な根拠も示さないまま、「脅迫投稿」「名誉毀損」「人権感覚麻痺者」「呆れた発想の持ち主」「批判拒否体質者」「違法行為を奨励」などと罵倒。それ以外のページでも、矢野・朝木両市議を批判した一般市民を「売春肯定論者」「セクハラ支持ネットオタク」などと罵倒。
(5)上記「薄井・佐藤支持『ネット政治集団』リスト」において、ある市民のハンドルネームを別の市民のハンドルネームと取り違えて「逮捕された痴漢の被害者の写真をネット公開」とする誤報を犯しておきながら、訂正請求を受けても誠意ある対応を見せず、ようやく訂正しても謝罪等は行なわないまま。(なお、依然として汚名を着せられている「てつ」さんはすでに亡くなっている。)

*1:2009年3月13日付〈「東村山市民新聞」における矢野穂積・朝木直子両「市議」の「言論活動」とは〉より再掲。kwout画像付の紹介として、2010年3月17日付〈請願潰し裁判で矢野穂積・朝木直子両「市議」(東村山市)が全面敗訴〉も参照。

続きを読む

大阪府・京都府は迷惑防止条例改正によるヘイトクライムの抑止を検討すべきではないか ※追記あり


東村山市民新聞は、昨日、1日空けて「最終更新日」を修正しただけでした(5月13日付、2011/05/13 12:13:59)。


せと弘幸Blog『日本よ何処へ』裁判対創価学会街宣名誉毀損裁判(控訴審)についてまだまだ指摘しておきたい点もありますが、その前に在特会の動向を拾っておきます。3月2日、桜井誠在特会会長サイモン・ウィーゼンタール・センター(米)について次のように書いていました。


(略)芸能活動は自由の上に成り立つビジネスであり、今回の発狂ユダヤ人団体のいちゃもんに簡単に屈するということは、今後も様々な形で表現の自由をチェックされユダヤ人様のお気に召さない表現は許されないということになるのです。
日本への不当な圧力をかけようとするこの狂信カルト団体については今後断固として抗議するつもりですが、皆さまにも今回の問題の本質をよくよく考えていただきたく記事を掲載しました。
(太字は引用者=3羽の雀)


同センターに「断固として抗議する」という話はどうやら沙汰やみになったようですが、このようなことを書く人間が、テレビ朝日の『ハガネの女』打ち切りを求めて常軌を逸した抗議街宣を行ない、出演者の事務所やスポンサーにまで圧力をかけていこうとしているわけです。


(略)とまれ、こうした数字も踏まえてドラマの打ち切りを強く求めて1時間以上にわたったテレビ朝日側との直接交渉は終了しました。今後、この番組のスポンサーなどに対して企業コンプライアンスを糺していくとともに、犯罪推奨番組のスポンサーとなった経緯について直接伺って事情聴取する予定です。


スポンサー(広告主)に対して圧力をかけるというのは、桜井も前掲記事で言及している『マルコポーロ』廃刊事件のときにサイモン・ウィーゼンタール・センターがとった手法そのものです。なるほど「狂信的カルト団体」ですか、そういえば5月7日の報告集会もそんな感じでしたね。けっきょく、「襲撃する運動」界隈が口にする「表現の自由」などは、どこまでいってもご都合主義的なものでしかないというわけです。


このような連中が、大阪で再びヘイトスピーチをばらまこうとしています。

続きを読む

気に食わない表現の取締りを求める瀬戸弘幸サンが「言論・表現の自由を守るシンポジウム」を主催するという茶番


昨日(14日)は東村山市民新聞の更新はありませんでした(追記:今日は「最終更新日」を1月16日付に修正しただけでした〔2011/01/15 17:41:40〕)。


さて、今日は午後から瀬戸弘幸サン主催のシンポジウムが秋葉原で開かれます。



「[http://www2.atwiki.jp/kusanonemaze/pages/111.html:title=襲撃する運動]」関連の街宣等には「せと弘幸blog『日本よ何処へ』」として名前を連ねることが多い瀬戸サンですが、今回は「国会記者クラブ所属・日刊中央通信社 主幹 瀬戸弘幸」として主催するようです。[http://www.pot.co.jp/matsukuro/20090818_173550493908622.html:title=日刊中央通信社については以前松沢呉一さんが触れていましたが]、東村山市民新聞社と同様に会社としての実態はなく、思い出したように[http://blog.livedoor.jp/central_press/:title=ブログ]を更新したり怪文書然としたビラを発行したりする任意団体以上のものではありません。[http://blog.livedoor.jp/central_press/archives/51791741.html:title=2010年3月1日付で発行されたビラ]には「社主 瀬戸弘幸」と書かれており、肩書きもその時々で変わるようです。


シンポジウムを前に、瀬戸サンはブログで〈表現の自由と出版社の倫理観〉と題したシリーズ記事をアップしました。


他に、〈オヤジがコミック規制なんかするから…:この警官もとんだトバッチリですね。〉(1月7日付)という、酔っ払いがくだを巻いているとしか思えないエントリーもあります。これらのエントリーの内容については詳しく触れませんが、瀬戸サンが都青少年健全育成条例に関するシンポジウムを主催するだけの知識も見識もない人物であることは、一読すればおわかりいただけるでしょう。


それ以前に、瀬戸サンは自分が気に入らない表現の弾圧を切望してきた人物でもあります。何しろ、「『高校無償化』からの朝鮮学校排除に反対する連絡会」が菅総理に要請書を提出したという記事を見て、
ここまで言うなら、もう強制送還しかないでしょう
と憤激し、朝鮮学校も無償化の対象に含めるよう要求する人々の表現の自由や政治活動の自由を全面否定するのですから。しかもそのエントリーをアップしたのはシンポジウム当日の朝なのですから、開いた口がふさがりません*1

*1:「こんな朝鮮学校を支援するために、関西地方の弁護士が100人も名を連ねて訴訟しているのですから、日本は根底から腐りきっています」(本文末)という記述については、「東村山市民新聞」の迷宮〈在特会・京都朝鮮学校襲撃事件:裁判編〉参照。

続きを読む

一市民を3年以上も振り回した請願潰し裁判で、矢野穂積・朝木直子両「市議」(東村山)が控訴審でも完全敗訴


東村山市民新聞の更新報告記事は後から埋めるとして*1、重要なニュースがありましたので取り急ぎ拾っておきます。矢野穂積朝木直子両「市議」が2007(平成19)年9月3日に一般市民と薄井政美・佐藤まさたか両市議を相手取って起こした請願潰し裁判で、第1審(原告敗訴)に引き続き、矢野・朝木両「市議」の請求が棄却されました。P2Cさんや薄井市議がツイッターで速報してくれています*2


WAWでも速報されました。


続きを読む

瀬戸弘幸サンは他にいろいろ触れるべきことがあるのではないですか?


やれやれ、明日(15日)の昼間にはようやくまとまった時間がとれそうなので、この間の東村山市民新聞の更新状況をまとめて報告しようと思っていましたが*1、何やら瀬戸弘幸サンが吠えていらっしゃるので、簡単に反応だけしておきます。


 『三羽の雀の日記』と言っても余り知らない人が多いと思いますが、私や「主権回復を目指す会」、「在日特権を許さない市民の会」、「日本を護る市民の会」を批判してきたブログです。
 元々は東村山市の故朝木明代さんの遺族である朝木直子さんや矢野穂積さんを専門に批判してきたブログですが、我々が東村山市における朝木明代さんの殺害事件を追及し始めるや、敵意むき出しで我々に対する批判を行なっていました。
 創価学会に与するブログであり、私は創価の犬と呼んできました。そのブログが6月28日以降更新が止まったままです。
〔中略〕
 『三羽の雀の日記』のブロガーは自分の正体がばれるのが恐くて、ブログを更新できなくなってしまったようです。別なブログではひそかに更新を続けているのに、このメインのブログを更新できないのは、明らかに素性を明らかに出来ないからでしょう。


私はブログはひとつしか運営していませんが、瀬戸サンのおっしゃる「別なブログ」とはいったい何を指すのでしょう。ツイッターのことでしょうか、それともまとめWiki〈「東村山市民新聞」の迷宮〉のことでしょうか。

*1:【追記】(7月15日)とりあえず7月2日付7月3日付エントリーをアップしました。/【追記】(7月16日)続いて7月9日付7月10日付エントリーをアップしました。/【追記】(7月17日)さらに7月11日付7月12日付エントリーをアップしました。

続きを読む